スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダムでどうでる?自民党??

自民党の谷垣禎一総裁は2日、八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の予定地を視察し、建設推進派の大澤正明知事や地元住民と意見交換した。臨時国会で は建設中止を掲げる政府を追及し、反転攻勢の突破口にしたい考えだ。だが、この日本体工事の入札中止が発表されたうえ、谷垣氏自身のスタンスもはっきりし ておらず、後手に回った印象は否めない。

今までなら野党は与党のすることを一生懸命に反対していればよかったのだが、自民党の場合はそう簡単に反対だけしていればいいのではないのでややこしい。谷垣新総裁というか野党自民はどう動くのか??

特定多目的ダム法は、基本計画を変更・廃止する際に、国土交通相が関係知事やダム使用権設定予定者の意見を聞くよう義務付けている。谷垣氏は、前原誠司国交相がこうした手続きを経ないまま建設中止を明言したことを「法的な瑕疵(かし)」と批判する。

自民党が法的に問題ありみたいに言っても白ける、自分たちが無理やりごり押しでダム建設した結果が今の状況を作ってしまってるんでしょ。政権が代わるたびに政策転換されたら困るという話を聞くが自民党がむちゃくちゃにダムや道路や飛行場など造りまくってついに野党に転落したからこうなったので政権交代が当たり前になったらここまでむちゃな公共事業はなくなるのではないのかな。

だが、公共事業のあり方を問い直すという政策論に、手続き論で対抗するのは「インパクトに欠ける」との見方が自民党内にはある。谷垣氏自身は2日、記者団に「中止するかどうかは、うんと議論しなければ判断に至らない」と語るなど、必ずしも中止の可能性を排除していない。

こういうことをきくとやっぱり自民党は今まで自分たちが関わってきているだけに強くいえない感じがする。結局いままで民主主義といいながら自民党一党独裁を許してしまった日本国民が招いた事態ともいえなくないような気がしますね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000122-mai-pol
スポンサーサイト

TAG : 八ッ場ダム 谷垣総裁

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。