スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代DVD覇権争いに終止符??

次世代DVDの規格あらそいに決着がつきそうな感じにアメリカのほうはなってきてるみたいだね。何だかんだでHD DVD陣営は出遅れすぎだと素人の自分でも感じていたが、映画会社は小売店にも見放され始めたら日本でも影響ありそうだな。ベータでVHSに完敗したソニーだが今回の次世代DVDの覇権争いは勝利を手にしそうですねソニーは。

東芝は向こう数週間のうちに、HD DVDフォーマットから撤退するとみられている。1月初めにWarner Home Videoが5月以降はソニーのBlu-ray Disc規格のみをサポートすると発表して世を驚かせたのに続き、小売業者の離脱が相次いだのを受けてのことだ。

何も正式な決定はないと、Toshiba America Consumer Productsのマーケティング責任者ジョディ・サリー氏は主張している。「技術的な進歩に基づき、当社のプレーヤーの価値と一貫した品質を考えると、当社は引き続き、HD DVDが消費者にとって最高のフォーマットだと確信している」

だが同氏は、何かが検討中であることをほのめかした。「過去1カ月間の市場の動きを鑑み、特に最近のHD DVDプレーヤーの値下げに照らして、東芝は市場の影響と消費者への価値命題を今後も研究していく」

このシェアの差を見せつけられるともう何を言っても負け惜しみにきこえてしまうHD DVD陣営だけど消費者にとっては次世代DVDが2つの陣営に分かれたときから「なんでやねん」って気持ちで1つに統一してくれやと思ったので、こう言ってはなんだが早めに覇権争いに決着がついてくれることは自分にとっては喜ばしいことだ。HD DVDプレーヤー買った人や両方対応のプレーヤーを買った人はたまったもんじゃないだろうけど。

東芝はその後、1月15日からHD DVDプレーヤーの価格を半額にまで引き下げて反撃した。だが望んでいた売り上げ増は実現しなかった。NPD Groupが集計した1月26日までの1週間の小売りPOSデータでは、65%対28%でまだBlu-rayプレーヤーが大きな差を付けていた。

半額ってHD DVDってどんな価格で売られているんだアメリカで!それでも思った以上にHD DVDは売れないんですね、ちょっと寂しい気持ちにさせられてしまう。日本でも半額セールみたいになったら買ってしまいそうになるが、最終的にHD DVDに録画したものは何十年後かに再生できるのか考えるとHD DVDを買うには勇気がいるな。

引用:ITmedia News

スポンサーサイト

TAG : 次世代DVD ブルーレイディスク HD DVD

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。