スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MicrosoftのYahoo!買収提案でソフトバンクはどう動く?

海外での検索エンジンのシェアがGoogleの独壇場になるとオンライン広告もGoogleが1人勝ちになってしまうのをMS側が防ぐためにYahoo!を買収しようとしているが、日本では検索エンジンといえばYahoo!なんですがソフトバンクの孫さんはどうのように動くのか。

MSはYahoo!を買収してGoogleへの対抗勢力を形成しようとしている。孫社長はGoogleについて「5年、10年の中長期の戦いの中で、重要なキープレイヤーの1社」と評価する。

孫さんは日本ではトップの地位を築いているのからなのか余裕を感じる発言ですね。これがGoogleがかなりの勢いでシェアを広げてきたりしたときもこんな余裕の発言をしていられるのか?

ただ「Googleは日本や中国などアジアではナンバーワンではない」と指摘。日本で検索ナンバーワンのYahoo!JAPANや、同社が出資する中国Alibabaがアジアでは強いと話す。

日本語の検索は欧米のものと違うらしいので、独自の検索技術が必要らしいのでGoogleに簡単に取って代わられることはないようです。

「世界の時価総額上位5社のうち3社が中国。アジアを制する者が世界を制する。Alibaba+Yahoo!JAPANで世界ナンバーワンのネット企業といわれる時代が10年、20年後にはやってくるのではないか」

日本だけでは人口的に見て厳しいが中国が加われば一概にYahoo!JAPANが世界ナンバーワンのネット企業になることも夢とはいえない感じがしてきます。

しかし、孫さんは今は携帯電話でのネット接続のほうに興味があるらしく何か大きな一手をこのMSのYahoo!買収提案によって即刻打つことはなさそうだな。

引用:ITmedia News

 

スポンサーサイト

TAG : Microsoft Yahoo! 買収提案 ソフトバンク 孫社長

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。