スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPに「自動更新」でIE7を2/13から配布

「Internet Explorer 7日本語版」に自動更新しますって大々的にやっとかないと「Internet Explorer 7日本語版」をせっかくインストールさせようとしても拒否される可能性が大きいもんね。

マイクロソフトは2月13日、Windows XP(SP2)/Server 2003(SP2)向けに「Internet Explorer 7日本語版」の自動更新による配布を開始する。これに先立ち、同社は2月4日にIE7の自動更新に関する告知サイトを開設した。

Windows XP用のIE7日本語版は2006年11月から配布されているが、現状ではユーザーが「マイクロソフト ダウンロードセンター」から手動でダウンロードして導入する必要がある。海外ではIE7英語版の自動更新配布が2006年11月に開始されたが、日本ではIE7への移行により利用できなくなるWebサービスがあることを考慮し、自動更新配布を見送ってきた。同社によれば、銀行やオンライントレードなど、国内の主要なWebサービスがIE7に対応したことを受け、ようやく国内での自動更新配布に踏み切るという。

なんだかこの文だとちょっと主要じゃないものだと利用できないサイトはありそうで「Internet Explorer 7日本語版」に移行するのはどうかなと思ってしまうのですが・・・・・

2月13日に自動更新による配布が開始されると、通常の自動更新と同様にデスクトップ上で告知のメッセージが表示されるが、自動的にインストールは行われず、IE7をインストールするかどうかはユーザーが選択可能だ。一度インストールしても、アンインストールすることでIE6に戻せる。IE7の自動更新配布の詳細については、マイクロソフトの告知サイトで確認できる。

「Internet Explorer 7日本語版」をインストールするかどうかはユーザーが選択するというが、もし「Internet Explorer 7日本語版」のインストールを拒否したらその後なんどもインストールするように求められたりしないのでしょうか?ちょっと心配

なお、Windows XP/Server 2003上でのIE6のサポートは、それぞれのWindowsのサポート期間に準ずる。Windows XP用のIE6は2009年4月までサポートが受けられ、2014年4月まではセキュリティプログラムが提供される予定だ。

これだと「Internet Explorer 7日本語版」に変えなくてもしばらくぜんぜん大丈夫って気がするのですがやっぱり「Internet Explorer 7日本語版」にしておいたほうがセキュリティ上安心なのかな?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000051-zdn_pc-sci

 

スポンサーサイト

TAG : Internet Explorer 7日本語版 自動更新

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。