スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

taspo普及イベント、冷凍食品中毒事件で延期に

毒ギョーザ事件で世間を騒がしたからだろうが、自販機でたばこを買う時の年齢認証カード「taspo(タスポ)」を普及させるイベントが中止となった。しかし、未成年者にたばこを簡単に買える状態を少しでも長くなるのはよくないのでこのカード自体の能力のほどは別にして普及活動は早めにしたほうがいいのではと思ってしまいました。

中国製冷凍ギョーザによる薬物中毒事件を受け、JT千葉支店は31日、2月1?3日に県内3カ所で実施予定だったたばこ成年認証カード「taspo(タスポ)」の普及イベントを中止すると発表した。JTの子会社「ジェイティフーズ」がギョーザを輸入していたことに対する社会的責任を考慮したという。

イベントは1日にJR千葉駅東口、2日にららぽーとTOKYO―BAY(船橋市)、3日に成田観光館(成田市)でそれぞれ実施する予定だった。

この毒ギョーザ問題の原因究明が長引けば、どこらあたりでこの「taspo」カードの普及イベントは開催していくのかちょっと気になりますね。

昨年11月から禁煙中の自分としては、こんなたばこのニュースはあまり耳にしたくないのですが。もうすぐ3ヶ月まだまだタバコのことがふと頭に浮かぶんだよね。3ヶ月過ぎるとかなり忘れること多くなるらしいが本当かな、っていうかそうならないと困ります。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000078-mailo-l12

 

スポンサーサイト

TAG : たばこ 成年認証カード taspo

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。