スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Microsoftアップデート」語るスパムメールでマルウェアに感染

とにかくメールのリンクをクリックするのはかなり危険ということだね。Microsoftだけでなく有名企業のメール特に銀行やクレジットカード会社なんかの名前でなにか手続きしろっていってくるいわゆるフィッシングなんかもあるしね。

「12時間以内にPCをアップデートしないとWindowsの有効期限が切れます」と脅し、マルウェアに感染させようとするスパムメールが出回っている。

セキュリティ企業の米Sunbelt Softwareは1月21日、Microsoftのアップデートを装ってマルウェアに感染させるスパムメールが出回っていると伝えた。

日本なんかにも送られてくるのかな?英語なので今の段階では日本人で感染する人はすごく稀なケースだとおもう。それに日本人用に日本語のメール作成するのは英語読める人の数からすると少なすぎるから無駄と判断されて出回らなければ幸いだが。

Sunbeltがブログに掲載したスクリーンショットによると、問題のスパムは差出人に「Microsoft update(update@microsoft.com)」というアドレスを表示してMicrosoftから届いたように装い、件名は「Keep your computer up to date」となっている。

本文は英語で「12時間以内にPCをアップデートしないと、Windowsの有効期限が切れます」と記され、「Windowsのアップデートが必要かどうかをチェック」するためと称してユーザーがリンクをクリックするよう仕向けている。

実際にはこのメールの狙いは、「IRC.Backdoor.Trojan」というバックドア機能を持ったトロイの木馬に感染させることだという。

(引用:ITmedia News

スポンサーサイト

TAG : Microsoftアップデート スパムメール マルウェア 感染

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。