スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンの電源ボタンでシャットダウンやスタンバイしないように設定する

知らないだけでいろんなところに隠しコマンドが存在しているんだなPCというかOSは、こういうのを知ったらちょっとやってみたくなりませんか?

起動中に間違って電源ボタンを押してしまったとき、シャットダウンやスタンバイにならないようにしたい、または電源ボタンを押したらシャットダウンしてしまうものをスタンバイになるようにしたいと思ったことはないだろうか。起動中に電源ボタンを押したときの設定は、簡単に変更できる。

変更方法はコントロールパネルから[パフォーマンスとメンテナンス]→[電源オプション]を選択して開く[電源オプションのプロパティ]の[詳細設定]タブで行う。

[スタートメニュー]から[コントロールパネル]を選択する(画面1)。[電源ボタン]にある[コンピュータの電源を押したときは]の[∨]をクリックし、設定したい項目を選択する(画面2)。
画面1[コントロールパネル]を選択する画面2 設定したい項目を選択する
画面1[コントロールパネル]を選択する画面2 設定したい項目を選択する

[コンピュータの電源を押したときは]で選択できる設定は以下のようになっている。なお、休止状態を利用するには[電源オプションのプロパティ]の[休止状態]タブで[休止状態を有効にする]をオンにしておく必要がある。

ノートパソコンのフタを閉じた時の設定
ノートパソコンの利用者なら一度は経験したことがあるとおもうが、ノートパソコンのフタ(液晶画面)を動かしたときに閉じてしまったり、それに近い角度にフタを動かしてしまったときにシャットダウンやスタンバイ状態になってしまったことはないだろうか。
このフタを閉じた時の動作も電源ボタンと同様、設定で変更できる。ノートパソコンの場合は、[電源オプションのプロパティ]の[詳細設定]タブに[ポータブルコンピュータを閉じた時]の設定が追加されている。

[電源ボタン]にある[ポータブルコンピュータを閉じた時]の[∨]をクリックし、設定したい項目を選択する(画面3)。ノートパソコンを閉じると、[ポータブルコンピュータを閉じた時]の設定が実行される(写真1)。

画面3 設定したい項目を選択写真1 設定が実行される
画面3 設定したい項目を選択写真1 設定が実行される

ノートPCのほうは参考になったが、デスクトップPCのほうは本体がはなれたところにあるので今のところは重要ではない。しかしいつか自分の意思とは別に電源ボタンを触ってしま状況になったら役立つからこういう方法があることをしっていることは無駄ではないと思う。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 電源ボタン 裏技

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。