スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安PCでWindowsにする意味が?Linuxで十分

せっかく格安PCの購入を考えているのにOSをWindowsにするとEeePCだと値段が倍になってしまう。ネットとメールをするぐらいしかPCを使わないのであればWindowsにする必要性がないので倍の値段で買う人はいなくなる?って構図かなWindowsあやうし?

EeePCは199ドルノートとして台湾の有力EMS(Electronics Manufacturing Service)であるASUSが発売した小型端末です。Linuxをベースにしており、HDDの代わりにフラッシュメモリを4GB積んでいます。

無線LANやメディア機能も一通り入っており、SDメモリカードなどを増設すればストレージも不安はなさそうです。日本ではWindowsXP版で49,800円となっています。ん、199ドルがWindowsをOSにするだけで49,800円=400ドル?価格が倍になってます!!

ASUSはEMSとしてAppleやHP、SONYなどのOEM生産を請け負っているメーカーであり、製品の安定性や品質、性能の高さには定評があります。Linuxであれば普通にブラウザはFirefox、メーラはThunderBird辺りが使えそうですね。すると、Windowsである必然性はほぼなくなってくるわけで、もちろん200ドルを上積みする意味もないです。私はMacを使っていますが、ExcelやWord、PowerPointのファイルなどはGoogleDocsで閲覧・管理することが可能なので不便を感じたことはありません。

GoogleDocsでマイクロソフトのオフィスソフトのファイルが閲覧できるんだこれはあらたな発見でした。まぁWindowsのOSは実際高額すぎる。店でパソコン買うとPC本体とOSの値段が込みだからあまりOSの値段を意識していないから分からないが中古のPCでまずまず高性能のものを手にできるほどの値段がするもんね。

(引用:ライブドアニュース

 

スポンサーサイト

TAG : EeePC 199ドル Windows Linux

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。