スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーレイディスク陣営シェア96%、どうなる?HD DVD陣営

ここまで、次世代DVDレコーダー争いが圧倒的な差でブルーレイに傾くともうHD DVDのほうは挽回の機会はないように思えてしまうのだが、HD DVD陣営に秘策はあるのだろうか?

次世代DVDレコーダー需要は、各社が普及機種を投入した10月以降に離陸。レコーダー全体の販売台数のうち、次世代DVDレコーダーは10月に6.1%、11月に21.6%を占めるまでに成長。ただ、12月は全体的な品不足から18.1%に低下した。

品不足で売れ行きにストップがかかったのは勿体なかったですね。でもたしかHD DVDは前世代のDVDのラインを少しの手直しで製造ラインが使えるからブルーレイよりコスト的にも有利ってふれこみだったように記憶しているが違っていたのかな?

金額ベースでは単価が高い次世代DVDレコーダーの割合が大きくなり、11月には37.1%と4割近くに成長(12月は31.4%)。市場全体では金額ベースで前年割れが続いていたが、11月以降にプラスに転じる要因になった。

10?12月合算のメーカー別シェアは、ソニー(台数:59.6%、金額:58.1%)、松下(台数:27.0%、金額:31.6%)がほぼダブルスコアの大差でトップ。これにシャープ(台数:9.6%、金額:7.3%)、HD DVDの東芝(台数:3.8%、金額:3.0%)が続いた。

HD DVD陣営はこの数字を見てどうおもうのか?自分的には白旗を掲げるしかない感じがするが、巻き返しはあるのでしょうか?

上位3社はBD陣営。3社合計のシェアは台数で96.2%、金額で97.0%となり、BD vs. HD DVDという構図で見た場合、BDの圧勝だった。

機種別では、320GバイトHDDを搭載したソニー「BDZ-T70」(平均単価11万9207円)がトップで、3位までソニー製品が占めた。平均単価は11月が13.1万円、12月が12.4万円。各社が製品ラインアップを強化した結果、高価格帯から普及クラスまで売れ筋が多様化した。

前世代のDVD&HDDレコーダーの約倍ぐらいの値段だね、まだ少し値段が高いが、来年の今ごろには確実に手の届く値段になっていそうだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000081-zdn_n-sci

 

スポンサーサイト

TAG : 次世代DVD ブルーレイ HDDVD シェア 争い

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。