スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サブプライムローン」損失拡大で世界の株価が大幅下落

サブプライムローンの金融機関の損失拡大はどこまで続くのだろうか?今年の世界の株価は下落し続けるのかと不安になってしまう出来事だ。戦争と同じで人間という生き物は同じ過ちを繰り返すんだとこのサブプライムローン問題で思ってしまいますね。

米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」を巡る欧米金融機関の損失拡大を受け、世界の市場に影響が波及している。15日の欧州、米国市場の株安、円高を引き継ぎ、16日の日本とアジア市場でも株価が大幅に下落している。

15日のニューヨーク株式市場は、米銀行最大手のシティグループが222億ドル(約2兆4000億円)の追加損失発生を発表したことなどを受け、全面安となった。ダウ平均株価(工業株30種)は一時、前日比289・39ドル安の1万2488・76ドルまで下落。終値は、同277・04ドル安の1万2501・11ドルと、2007年4月以来、約9か月ぶりの安値だった。ハイテク銘柄が中心のナスダック店頭市場の総合指数の終値も、同60・71ポイント低い2417・59と大幅安だった。

一企業が追加で2兆4000億円も損失を出したんだもんな、ニューヨーク株式市場が大幅安になるのは当然の流れだが、これからニューヨーク株式は踏みとどまれるのかそれとも下降線をたどるのかめちゃくちゃきになりますね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000002-yom-bus_all

 

スポンサーサイト

TAG : サブプライムローン 世界 株安

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。