スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2,000円札が5年連続で追加印刷見送り

5年も新札を造らないとなるといよいよ2,000円札が姿を消す時期が近づいてきている感じがします。自販機で使えなかったりするのでどっかでもらってしまうと難儀してしまうのが2,000円札の印象だ。

日銀は2008年度も2000円札の新規印刷を見送るようだ。2000円札は2000年に沖縄サミットを記念して発行されたが、各地の銀行の金庫で眠っているのが実情であり、市中流通枚数は少なく、普及しているとは言い難い。「最近、2000円札を見てないなあ」という人も多いはずだ。1万円札など他の紙幣は損耗が激しくほぼ毎年追加印刷しているが、2000円札の印刷見送りは異例の5年連続となる。

2000円札が普及しないのには、「2」のつく単位の通貨が日本人に親しみがないという背景がある。20ドル紙幣など、「2」のつく単位の通貨が一般的な米国や欧州とは異なり、日本の通貨は1万円札や5千円札など、「1」と「5」のつく単位であるという認識が消費者に浸透している。そのため、2000円札に抵抗を抱く人が多いのだ。

自分としては単位に対してのていこうというよりも、使い勝手が2,000円札が登場してから今までほとんど良くなっていないから普及していない気がするが。

また飲食店やスーパーマーケットでも、客が2000円札をお釣りとして受け取ることを嫌がるため、店側が客に出さないことを方針とするケースもあるようで、2000円札は一般社会に供給されることなく銀行に還流してしまうという。このまま2000円札は、使われずに消えていくのだろうか。

お釣りとして2,000円札が嫌われてしまっているのでは、もう消えてなくなるのは時間の問題なんだろう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000000-sh_mon-bus_all

 

スポンサーサイト

TAG : 2,000円札 消える

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。