スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薔薇のない花屋」で、月9ドラマが「ガリレオ」に続いて20%超スタート

月9だけはドラマが不調の時期でもまだまだ捨てたものじゃないってことなのでしょうか?主演がSMAPの香取慎吾で主題歌が山下達郎だから「薔薇のない花屋」の平均視聴率も安定??

14日(月)にスタートした月9(月曜21時)のドラマ『薔薇のない花屋』(フジテレビ系)が、ビデオリサーチの調べ(関東地区・世帯平均)で22.4%の視聴率を獲得、好調なスタートを切った。かねてより注目度の高い“月9”という枠としては、前クールの『ガリレオ』初回(24.7%)に引き続き、20%超えスタートを迎えた形だ。主演は香取慎吾で、主題歌は山下達郎の「ずっと一緒さ」。

昨年07年度の初回視聴率を振り返ると、4月期、7月期はいずれも20%を超えるスタートを切ったドラマはなく苦戦した。10月期では『医龍2』(フジ22時)21.0%と『ガリレオ』(フジ21時)24.7%が、20%超えのスタートとなった。月9ドラマとして2期連続で20%超えの好スタートを切ったことになる。なお、月9の2期連続好スタートは、06年の『西遊記』(1月期)『トップキャスター』(4月期)で記録して以来。

最近の日本のドラマは視聴率が取れないと聞いていたのに意外と20%を超えてるドラマ多いんだな、2連続20%越えとニュースになるくらいだからさぞ長い間なかったことかと思ったが2年間なかっただけなんだ、自分的にはあまり長く感じなかった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000003-oric-ent

 

スポンサーサイト

TAG : ドラマ 初回視聴率 薔薇のない花屋

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。