スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代DVDシェアを拡大するが、BD陣営が中心でHD陣営は・・・・

次世代DVDって2大陣営に分かれてごたごたしていたはずなのに、ブルーレイ側ばかり目に付いて、HD DVDのほうはさっぱり目にしないがもう次世代DVDの主導権争いを止めてしまったのだろうか?

市場調査会社のBCNは5日、次世代DVDの11月の販売動向に関する調査結果を発表した。DVDレコーダー市場全体に占める次世代DVDの割合は、金額ベースで約36%となり、20%に満たなかった10月から大きく上昇した。

現行のDVDの価格もかなりお買い得価格になっているから、次世代DVDはまだ値段が高いから少し売れ行きが良くなると金額ベースだと割合はかなりアップしてくるだろうな。

台数ベースでも倍増し初めて20%を超えた。年末商戦に向け、各社が価格を抑えた新モデルを相次いで投入したことで普及に弾みがついた。

結局値段が安くなってくると容量に今のDVDって不満が大きくなってきているんだろうな、次世代DVDに移行を考えている人は買いはじめそう。

10、11月合計のメーカー別シェアをみると、「ブルーレイ・ディスク(BD)」方式のソニーが57%と首位。松下電器産業が32%、シャープが8%とBD陣営が続き、「HD DVD」方式の東芝は2%で、BDの圧勝となっている。

HD DVD方式は現行DVDに近いから設備投資も少なくすむし、ブルーレイより容量では劣るが安く提供できるって言っていたはずだが、ここまでブルーレイ陣営に出遅れてしまうと優位性なんて消し飛んでしまいそうだ。どうするの?HD DVD陣営。巻き返しは可能なのだろうか。

(引用:フジサンケイ ビジネスアイ


スポンサーサイト

TAG : 次世代DVD ブルーレイ HDDVD

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。