スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府税調消費税率引き上げを明記したけどまた時期などには触れず

とにかく国は財源が欲しくて欲しくてたまらないが、選挙が怖くて断定しきれないようだけど、歳出削減を徹底してそれでも足りませんだからこれだけ消費税を上げますといえばさほと選挙も怖くないように思うのだけど、歳出削減しているとはいうが国民から見れば微妙な感じがする。

政府税制調査会(首相の諮問機関)が20日の総会でとりまとめる2008年度税制改正答申の最終案が19日、明らかになった。

今後の社会保障制度を支える財源について、「消費税率を引き上げていくことによって賄う姿勢を明らかにすること(消費税の社会保障財源化)」が、必要だとの考えを明記した。政府税調が答申で、消費税率引き上げの必要性を指摘するのは3年ぶりだ。

最終案は、消費税の特徴について〈1〉経済動向や人口構成の変化に左右されにくい〈2〉国民が広く公平に分かち合う――などとして「税制における社会保障財源の中核を担うにふさわしい」と位置付けた。ただ、引き上げの時期や幅には触れなかった。

これに自分は不信感を抱いてしまうんだな。社会保障費が足らなくなってくる時期、どれくらい財源が足らなくなるのかなどある程度分かっているなら言わなきゃね、それを言わないで何れ消費税を上げて社会保障費を確保しないといけないと言って国民の様子伺いでは今の与党の危うい状況が続いている限りずっと消費税引き上げは先送りしていきそうだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000002-yom-pol

 

スポンサーサイト

TAG : 消費税 引き上げ 政府税調

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。