スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米のサブプラの影響で日経平均株価も値下がってますね

今回のサブプライムローン問題はかなり大問題だから仕方ないかもしれないが、こうもアメリカの株と連動して日本の株が上がったり下がったりしているのならアメリカや日本で市場が分かれている意味に疑問を感じてしまう。

週明け12日の東京株式市場は、前週末の米国株式市場の大幅下落と、東京外国為替市場で円高が進んだことなどで大幅に下落し、日経平均株価(225種)は取引時間中としては8月17日(1万5262円10銭)以来、約3か月ぶりに今年の最安値を更新した。

米株安で、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」の焦げ付き問題による景気の先行き不安が再燃した。日経平均は前週末の9日まで、終値ベースで6営業日連続で値下がりしており、このまま終値で続落すれば、2005年5月9?17日以来、約2年半ぶりの7営業日続落となる。

一週間も株価が値下がり続けると日経平均もかなり下がってしまいますね。ついこの間までもうすぐ2万円台も見えてきそうな感じだったのに、この連続値下がりで1万4000円台になりそうだもんな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071112-00000101-yom-bus_all

 

スポンサーサイト

TAG : 日経平均株価 連続値下がり サブプライムローン

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。