スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速なら光でなくてもNTTでなくてもいいのでは?

NTTじゃなくても高速インターネットは可能だから、それに携帯電話もそうだけどNTTってどうしても割高感があるんだよな。今年ADSLを卒業してCATVのインターネットにしたが、NTTはプロバイダを別に加入しないといけないので面倒くさいからそく候補から消えていきました。

NTTが発表した光回線加入者目標の大幅な下方修正は、政府が唱える政策と現場の状況が一致していないことを露呈する結果となった。政府もNTTも、「目標引き下げの影響はない」と主張するが、老人介護や通信教育などの“世界最高水準”をうたったさまざまな次世代サービスは、各家庭が光ファイバーに加入しなければ実現しない。

今のところ10Mも速度がでればなんの支障もなくネットできるから、自分としては光にしなければとはおもっていない。

総務省は昨年8月、「次世代ブロードバンド戦略2010」の中で、光回線による超高速ブロードバンドFTTH(ファイバートゥーザホーム)の世帯カバー率を平成22年度までに90%とする目標を掲げた。

同省高度通信網振興課などによると、この数字はあくまで、希望すれば光サービスを使うことができる世帯を指す「カバー率」を指したもので「NTTの実契約数とは直接関係ない。直ちに世帯カバー率への影響が起こるとは考えていない」と説明。実際、光回線の世帯カバー率は今年6月末時点ですでに84. 1%に達している。

カバー率を目標にするより、契約数を目標にしないと意味がないですね。ADSLでも収容局に近いとむかつくほどスピードが出ているし、そうなるとその人たちは安くて高速なので光に変えるなんてこと考えもしないだろうから地デジ導入のように何年でADSL廃止とかしないと光ファイバーへの移行は難しそうだな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000983-san-pol

 

スポンサーサイト

TAG : NTT

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。