スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シュウォッチ」復刻版の予約がキャンセルに

「シュウォッチ」は復刻版のこともしらなかったが、昔にそんなに人気があったとも知らなかった。しかし、昔に作れたものがどうして現在に作れないのかが不思議だ。

ハドソンは1日、ファミコン全盛の80年代にヒットした連射測定機付き時計「シュウォッチ」復刻版(1600円)の発売を見送り、1万人の予約をキャンセルしたことを明らかにした。開発で不具合が見つかり、発売延期が続いたことから、購入者の意思を再確認するため。同社は「予約した方に迷惑をおかけしましたことをおわびします」と話している。改めた発売時期は未定。予約販売をした1万人には優先して手に入るよう配慮をするという。

連射測定機能があるだけでそれ以外は普通の時計のように思うが、当然連射測定機の不具合なんだろうけど発売が未定になるほど深刻な問題があるとは。

「シュウォッチ」は、10秒間に何回ボタンを押したかが分かるファミコンのコントローラー型置き時計(1280円)で、87年に発売され100万個を販売した。ハドソンが7月下旬、20年ぶりの販売を受け付けたところ、わずか1日で1万台を売り切った。

復刻版とういう響きが購入意欲に火をつけたのか、「シュウォッチ」自体にかなりの魅力があったのか、それにしてももの凄い売れかただ。

製品は当初、9月の引き渡し予定だったが、製品に問題があり10月末ごろの引渡しを目指していた。予約をした人にのみ送られた専用フォームに登録すると、「シュウォッチ」の開発状況を知らせるメールが届くといい、発売日も知らせる予定。

予約キャンセルといっても予約した人には継続してフォローはするんだな。しかしこの時点で予約キャンセルせざるをえないということは結構不具合修正に時間が掛かるってことなんだな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000011-maiall-game

 

スポンサーサイト

TAG : ハドソン シュウォッチ 復刻版 予約キャンセル

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。