スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

905iシリーズ、705iシリーズの冬商戦向け新機種

さてNTTドコモは今回の新機種でauやソフトバンクモバイルから顧客を奪い返すことはできるのだろうか?

NTTドコモが11月1日、冬商戦向けの905iシリーズと705iシリーズを一気に発表した。純増数で他社に遅れをとる中、905iシリーズを機能「全部入り」とすることで挽回を狙う。

905iシリーズはすべて海外ローミングに対応し、日本語で話しかければ英語に翻訳するアプリ「しゃべって翻訳」をプリインストールしている。また、10端末中8端末でワンセグの視聴が可能なほか、10Mバイトのiモーションビデオクリップが再生可能だ。

また、すべてHSDPA対応で下り最大3.6Mbpsの通信が可能。これまでauに遅れていた地図ナビゲーション機能も強化し、場所案内や周辺検索などができる。

このほか、気象庁の緊急地震速報などを受信する「エリアメール」にも対応する。

いろいろできるのはいいのだが、充電池の能力向上がないと外で使うのは充電切れが気になってあまり使えないんだよな。

端末はすべてVGA液晶を搭載。コンセプト端末としては、カメラ機能を強化したCyber-shotケータイ「905iCS」や、テレビ機能を強化したVIERAケータイ「P905iTV」、AQUOSケータイ「SH905iTV」がある。

このほか、通常のブラウザで最大5つのウィンドウが同時に開けるタブブラウザを搭載した「N905i」、縦横それぞれにディスプレイが開く「P905i」、韓国語や中国語を読み取って日本語に翻訳する機能を搭載した「D905i」、ディスプレイ画面を横にしてテレビを見ながらネットサーフィンができる「F905i」、ドルビー技術を採用し高音質を実現した「SH905i」、ジョグダイヤル搭載の「SO905i」、薄さにこだわった「N905iμ」がある。

全部入りといっても機種によってそれぞれ特徴があるんだな、自分が良く使う機能や欲しい機能があるものを選べるのはいいかもね。

705iシリーズは下り最大7.2Mbpsの「L705iX」や、世界最薄の「PROSOLID(P705iCL)」「N705iμ」「P705iμ」、ワンセグ最薄の「P705i」などを13機種が揃った。

デザイン面で注目されるのは家電ブランド「amadana」とのコラボレーションモデル「N705i」と、デザインユニット「TGB design.」とのコラボレーションモデル「P705iμ」。薄型では珍しいストレートタイプの「D705iμ」もある。

705iシリーズは薄型に力を入れているのか?自分はNTTドコモ使ったことないからわからないが、905iシリーズ、705iシリーズと2つのシリーズがあるのはなぜだろう?各シリーズで決定的に違うポイントとはなんなんだろうね?

(引用:CNET Japan

スポンサーサイト

TAG : NTTドコモ 携帯電話 905iシリーズ 705iシリーズ

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。