スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の時代、消費期限と賞味期限の違いは知っとこう

結論から言うと、賞味期限は味を補償できる期間で味にうるさくなければ期限が過ぎていても体に影響は少ないとうかなさそう。それにくらべて消費期限は腐敗など品質が劣化しない期間を示しているからちょっと期限を過ぎて食べるのは危険かも。

消費期限? 賞味期限と何が違う
この賞味期限と消費期限は、それぞれJAS法などで定められているのです。

まず賞味期限ですが、スナック菓子などでよく見かけます。今では、賞味期限までに食品を食べるようになっています。また、コンビニエンスストアなど商店では、賞味期限が切れた食品は販売しなくなっていますね。

賞味期限は食品衛生法、JAS法で「その食品を開封せず正しく保存した場合に味と品質が充分に保てると製造業者が認める期間(期限)」と定められています。つまり、「おいしく食べることのできる期限」です。これは一般に長期保存が可能な加工食品に用いられます。

インスタントコーヒーは最長で1年過ぎたのを飲んだことがある。一瓶きれいに飲んでしまったがお腹が痛くなったりしなかった。人によってこういうのに強い弱いがあるから余りというか1年も過ぎたものを食することはすすめられませんが(汗)

それに対して消費期限は、食品衛生法及びJAS法において「定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう」とされています。こちらは「安全に食べることのできる期限」というわけです。

さすがの自分も牛乳や生ものは期限切れを口にできるのは1週間以内です。それ以上は特に異臭がなくても食せません(笑)

(引用:ライブドアニュース

 

スポンサーサイト

TAG : 消費期限 賞味期限 違い 食品衛生

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。