スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリルリンチがサブプライム評価損9,006億円

サブプライムローンの影響はまだまだ出てくると予想されると言われていたが、サブプライムローン絡みでメリルリンチ一社で1兆円近い損失とはちょっと想像もつかない金額だな。これからもこんなことが続けば金融市場ヤバイのではないのかな。

米証券最大手のメリルリンチは24日発表した7?9月期決算で、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連の資産評価損79億ドル(約9006億円)を計上した。純損失は22億4100万ドルとなり、6年ぶりに赤字に転落した。米大手金融機関が計上したサブプライムローン絡みの損失としてはシティグループの64億ドルなどがあるが、メリルの損失79億ドルは最大規模。

大手の銀行、証券会社と巨額の評価損を出しているがこれからも金融関係の会社に同様のことが起こると考えると恐ろしい。

5日発表した評価損の計上見通しでは約45億ドルとしていたが、大幅に拡大した。サブプライムローン関連の証券化商品の評価が難しい上、同じ証券化商品に組み込まれたことで、サブプライム以外の住宅ローンの評価損まで膨らんだ形だ。

同社は4?6月期には21億3900万ドル、前年7?9月期も30億4500万ドルの純利益を計上していた。

今回のサブプライムローン問題で半年間の利益が軽々とふっとんだんだな。まぁサブプライムローン関連で今までむちゃ儲けしてきたから文句の言えない感じもするが。

オニール会長兼最高経営責任者(CEO)は「サブプライム問題の影響は予想以上だった」と述べ、「不動産関連商品に絡む市場の状況は今後も不透明だ」と見通しを示した。

日本のバブルを思い起こさせる。サブプライムローンの詳細は知らないが、結局これだけ騒ぎになるほどの焦げ付きが起こっていることからかなり緩い審査のもとで貸付がされていたんだろうな。戦争もそうだけど人間てどうして同じ過ちを繰り返すのだろう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000170-mai-bus_all

スポンサーサイト

TAG : 米最大手 証券会社 メリルリンチ サブプライムローン

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。