スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web SheriffがYouTubeの著作権対策では不十分と指摘

ユーチューブはどうしてこのWeb Sheriffの技術を使わないのかな。またこのWeb Sheriffはユーチューブのフィルタリングシステムですべての海賊版を排除できないと指摘しているが本当にこのWeb Sheriffはすべての海賊版の排除ができるのか?

YouTubeは新しいフィルタリングシステムを導入したが、それをもってしてもあらゆる海賊版を排除できるわけではない。しかし、その穴を塞ごうと言う企業がある。

英国企業Web Sheriffは、PrinceやVillage Peopleらの演奏家と契約し、ウェブ海賊から彼らの音楽を守っている。YouTubeが米国時間10月15日にフィルタリングシステムの発表を行った直後、そのWeb Sheriffが新しいサービスに乗り出した。

かなりの自信を感じるな。Web SheriffのフィルタリングシステムはYouTubeより上だと言わんばかりで、全世界に向けてアピールしているようだ。

Googleが所有する巨大ビデオ共有サイトYouTubeは、長らく待たれていたフィルタリング技術を導入した。同サイトにアップロードされたデジタルビデオが海賊版かどうかを自動判定するためだ。

しかし、厄介なことに、「著作物をこのシステムの対象とするには、著作権保有者はあらかじめYouTubeにそのコピーを送らなければならない」

その上、品質の悪い海賊版ほど違法コピーであることを見逃す可能性が高くなるという。

著作物のコピーをYouTubeに送って著作物が保護されるならとくに厄介とは思わないけど、完全ではなく見逃す可能性があるってのが厄介だ。それにYouTubeみたいなサイトは他に多数あるからそっちほうも厄介。

(引用:CNET Japan

 

スポンサーサイト

TAG : YouTube 著作権対策 Web Sheriff

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。