スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスポランドまたまた事故です、今度は「急流すべり バックスピン」

前に事故があったものからは事故が続けて起こらないのはいいのだが、別のものからこう続けざまに事故が起こるとエキスポランドの点検って大丈夫なのか心配になる。

大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で今月7日、遊具「急流すべり バックスピン」(全長351メートル、高さ12・7メートル)に乗船中の小学1年の男児(7)がボートの縁に頭を打ち付け、救急車で搬送される事故のあったことが12日、わかった。男児にけがはなく、同園は安全ベルトを交換し運転を再開した。

同園によると、遊具のボートは2列4人乗りで、腰に安全ベルトを巻いて乗船する。7日午後2時半ごろ、コース最後の急流部分を下った直後、前列の男児が額をボートの縁にぶつけたため園内の救護所で手当てし、119番したという。


怪我が大したことがないようで良かったが、頭がそんなにぶれるのなら腰にベルトを巻くだけではダメなのでは?上半身もある程度拘束しないとまたおきそうだ。

事故を受け同園は、遊具の運転を中止し市に報告。安全ベルトが何らかの原因で伸びた可能性もあるとして、ベルトの伸びしろを30センチ短くし、市の了解を受け10日に運転を再開した。同園は「トラブルを起こし申し訳ない。安全確認を徹底したい」としている。

ベルトの伸びしろって何センチあるんだろう?30センチ以上も今まで伸びていたのなら座席から落ちそうになった人もいそうな気もするのだが。

同園では今年5月、ジェットコースター「風神雷神II」で20人が死傷する脱線事故が起きたほか、先月15日にはジェットコースター「OROCHI(オロチ)」がコース周回後に停止せず暴走するトラブルがあった。

今回のはジェットコースターではなかったが、「急流すべり バックスピン」と名づけられているからこれもスリルを味わう激しい乗り物だった。こういう乗り物で危険で注意しないといけない箇所ってある程度わかるはずなのに、お盆休み前までの点検ってなんだったんだとオロチの時も思ったがまた思ってしまった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000909-san-soci

 

スポンサーサイト

TAG : エキスポランド 急流すべり バックスピン 事故

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。