スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加利上げまたまた見送り

一度利上げするとどんどん利上げが進むと言われていたが、世界情勢とくにサブプライムローン問題が原因で利上げにストップがかかってますね。自分的には当分の間大きな買い物の予定がないので、追加利上げはしてもらいたいのだけど。

日銀は11日の政策委員会・金融政策決定会合で、政策金利である短期金利(無担保コール翌日物)の誘導目標を現行の年0.5%前後に据え置くことを8対1の賛成多数で決め、利上げを見送った。委員の大勢は「米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の米景気への影響などを見極めるべきだ」との意見で一致。現状の金融政策を当面維持し、国内外の経済動向を注視することにした。

サブプライム問題をめぐっては8月以降、不安定な動きを続けていたニューヨーク市場の平均株価が最高値を更新するなど、市場では「最悪期を脱した」(エコノミスト)と楽観的な見方も出ている。

ただ、世界的な信用収縮に対する懸念は依然残っており、今月4日には欧州中央銀行(ECB)が追加利上げを見送った。また、住宅バブル崩壊による米景気の失速懸念もぬぐえず、米連邦準備制度理事会(FRB)が今月末に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げに踏み切るとの見方も根強い。

日銀は、国内経済に限れば大企業の好調な業績を背景に「緩やかな景気拡大が続く」(幹部)との見方を変えておらず、今回の決定会合では水野温氏審議委員が前回に続いて利上げを提案した。

しかし、米景気が失速すれば「日本の成長率に下方リスクが生じる」(岩田一政副総裁)恐れもあるという慎重論が大勢を占め、9月に続いて利上げを見送ることにした。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000045-mai-bus_all

 

スポンサーサイト

TAG : 日銀 追加利上げ 見送り

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。