スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん患者の5年生存率が公表された

がんは不治の病とまではいえなくなったとはいっても、まだ怖い病気であることは間違いないのでがんの治療を受けるなら生存確率が高いにこしたことはないから、がん患者の生存率の成績を公表してくれるのは有難いことだ。

地域のがん治療の中核的な施設30医療機関からなる「全国がん(成人病)センター協議会」(事務局・国立がんセンター)は、加盟医療機関のがん患者の5年生存率などの成績を、ホームページ上で公表した。

厚生労働省の研究班が治療成績を判定する基準を示して分析したもので、施設名を含めて公表したのは初めて。

もっと早くこういうことはして欲しかったな、人の命より病院の立場を考えてこういう治療成績を公表しなかったとしか思えない。

公表したのは、代表的ながんである胃がん、肺がん、乳がん、大腸がんの四つのがんの治療成績で、症例数が100例以上などの一定の条件を満たし、数字の公表に同意した15医療機関。99年に初回の入院治療を受けたがん患者の治療成績について、施設別に、がんの進行度に応じた症例数や生存率をまとめた。

まだ公表に賛成している医療機関が少ないが、公表が一部でも始まれば公表していないところは不審の目で見られると思うので公表の流れは避けられない感じがする。これによりガン治療がさらに効果的になってくれれば幸いだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000206-yom-soci


スポンサーサイト

TAG : がん 5年生存率 公表

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。