スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第26話

概ね予想通りの決戦の終了でした。

予想外だったのは、聖王のゆりかごが内部ではなのはとはやての2人を使いものにならないようにしていたのに外からの攻撃にはえらくあっさりやられたこと。

それに、シグナムとアギトのユニゾン攻撃が数は多いがガジェット破壊だけで終わってしまったこと。もう少しいい場面で使われるのかと思ったが意外とお披露目程度で終わったのは残念。

そしてもう一つは、ルーテシアが寝返ることもなく終わってしまったこと。結局ルーテシアは、なのは、フェイト、はやてと主役級の人物と絡むことなくいてもいなくてもいいようなキャラになってしまったな。最初のころはヴィヴィオの位置に収まる人物だと思っていたが。

後半のBパートは六課の解散で最後の隊長対フォワードの最後の模擬戦が行われたが前回15話の時と同様に戦闘シーンはなしでした。
エンディングテーマとともにその後が描かれてましたが、スカリエッティなど事件捜査に協力の意思を示さなかったものたちのその後はなかったな、あれだけの事件を犯してただで済むはずはないから極刑に処されたってこともあるのかな?

なのはママはヴィヴィオと生活を共にしているようだが、フェイトパパとはお別れかな。かわりにユーノくんがパパの座を獲得?

登場人物が多すぎる、2クールをうまく使いきれていないなどいろいろ批判があったようだが、けっこう楽しめました。1期の無印からみていたからかな。

魔法少女リリカルなのはStrikerSはこれで終わりではなくて、12月12日に発売されるドラマCD第4弾
魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ04 」で第27話を聴くことができるようですよ。

 

スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル : アニメ・コミック

TAG : アニメ 魔法少女リリカルなのはStrikerS

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。