スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒沢明監督映画の著作権「死後38年存続」

著作権が切れた作品はまとめて本にするかホームページなんかで公に公表したらいいんじゃないのかな、そうすればこういうもめごとはなくなるのではなかろうか。

黒沢明監督(1998年死去)の作品の格安DVDを無断で販売し、著作権を侵害したとして、権利を取得した東宝と角川映画が東京都内のDVD販売会社を相手に販売差し止めを求めた訴訟の判決で、東京地裁(市川正巳裁判長)は14日、「著作権は黒沢監督の死後38年間存続する」として、著作権侵害を認め、差し止めを命じた。販売会社は控訴する方針。

そういえば一年ぐらい前にもローマの休日で著作権を巡って裁判があった。

やはり自分のご先祖様から頂いた有難い収入源をそう簡単に手放したくないのも仕方のないことかもしれない、今まで当たり前のようにあった収入が突然なくなるのはたまらんもんね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000120-jij-soci

スポンサーサイト

TAG : 黒沢明 映画 著作権 死後38年存続

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。