スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webカメラ、30万画素クラスから130万画素クラスに売れ筋シフト進む

デジタルカメラも高画素数のものもかなりお安くなってきているからWebカメラも当然に安くなってきて然るべきだろうな、30万画素のWebカメラが2,000円を切っているものも売られているから100万画素を超えるWebカメラもそうお金も掛からずに買えるようになってきそう。

通話料金がかさむ携帯電話、固定電話を尻目に、ブロードバンドを利用した通話・テレビ電話サービスの人気が高まっている。お盆休み明けの8月24日、インターネット電話やテレビ電話を無料で利用できる無料ソフト「Skype(スカイプ)」を提供しているスカイプ・テクノロジーズは、国内の登録ユーザー数が570万人(07年7月末時点)に達したと発表。利用者が広がっている。

そのテレビ電話サービスを利用するのに必要なのは、PC、ブロードバンド契約、ヘッドホン、マイクなどだが、その中でも映像を送るために必要不可欠な Webカメラの売れ筋と最新トレンドを「BCNランキング」データを使ってチェックしてみた。

ロジクール、バッファローコクヨサプライの2社だけで6割のシェアを占めているんだな、値段的にお手ごろ感がある30万画素クラスが7割のシェアは当然だが130万画素クラスも一年前と比べると2倍にシェアを伸ばしているので30万画素クラスに取って代わる日もそう遠くはなさそうだ。

Webカメラを手に入れたらしたいのは、留守にしたときの我が家の状況のチェックだ!

フリーソフトでライブカメラのソフトがたくさんある。

Live Capture2、List Cam、UFO Capture Free、超かんたんライブカメラ、パソコンde防犯カメラなどが有名。このなかのLive Capture2はリアルタイム動画配信ができて外出先で自宅を監視できる、外出先でパソコンが使えなくても携帯電話でもリアルタイム動画をみることができるので自宅に心配事がある人にはもってこいだ。

(引用:CNET Japan

スポンサーサイト

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

TAG : Webカメラ 高画素化 130万画素クラス ロジクール バッファローコクヨサプライ

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。