スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士も将来は失業者大量発生する?

弁護士にも格差社会というが今でも儲けている人とあまり儲かってない人の差はすごいと思うのだが、まぁ弁護士資格を持っていて大量に失業者がでるということは今までの合格者数ではなかったことだろうけど。

2007年末に初めての法科大学院卒業生が1年間の司法修習を終えるが、修習生が前年の倍近く増えたため、まだ100人ほどの就職が決まっていない。そこで、日弁連では、各法律事務所に対し、軒先を貸すだけから「ノキ弁」と呼ばれる「独立採算弁護士」の新採用形態をPRしている。給料をもらいながら勉強する従来の「イソ弁」とは違い、独力で仕事を取りながら勉強しなければならない。

事務所に軒先をかりるから「ノキ弁」で居候するから「イソ弁」か、これって差別発言ではないのかな?しかし同じような言葉だが立場は雲泥の差があるな、「イソ弁」はお金もらって仕事も教えてもらえるのに、「ノキ弁」はただ間借りするだけ何もない仕事がないとお金もない。

このような勤務形態導入の結果、競争が促進されて、弁護士費用が軽減されると期待する声がある。しかし、一方で、待遇悪化による弁護活動の質の低下を懸念する声も上がっている。

質の低下はありうるだろうな、道路工事なんかが良い例で利益が少なくなるとどうしても少しでも利益が上がるように手抜き工事で材料費なんかを削ってしまう。これと同じことは起こりえると予想はできるもんな。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 弁護士 失業者 日弁連 ノキ弁 イソ弁

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。