スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話通話料、東京はNYの3倍

携帯電話だけでなく日本ってこういう海外との比較調査をすると割高ってこと多い気がするが気のせいでしょうか?

2006年度の東京の携帯電話の通話料金は、1分あたりの単価で比べるとニューヨークの3倍以上も高いことが、総務省が28日発表した電気通信サービスの内外価格差調査でわかった。

毎月の通話料金(基本料を含む)は、東京も「おおむね平均的な水準」だが、通話時間を含めて比較すると割高な実態が浮き彫りになった。

結局月に支払う料金が同じくらいなら問題ないような気もするが、通話料ってそんなに高いものなのか。

調査は今年3月末の世界7都市を対象に、その国の最も占有率(シェア)が高い会社の代表的な料金プランを比較した。東京はNTTドコモを採用した。

NTTドコモには嫌な調査に採用されてしまったな、今一生懸命NTTドコモにまとわりつくNTTドコモは割高だと思われていることを払拭しようと頑張っているのにこんな調査結果を発表されるとたまったもんじゃないだろう。

その結果、月額料金は東京が3800円、ニューヨークが3900円で、月平均の音声通話時間は東京が97分、ニューヨークは672分だった。この結果、「分単位」の通話料は、東京は39・4円と7都市中3番目に高かった。一方、ニューヨークは、着信にも料金がかかるため通話料金を2倍として計算しても、11・7円にとどまった。

この結果は衝撃的だ、月額料金が100円高いだけで東京ではでは1時間40分しか通話できないのに、ニューヨークでは11時間以上も通話できるのか。こういうニュースを目にしないと分からないことだがニューヨークって電話を受けても料金取られるんだ、日本でもメール受信では料金取られるけど。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000012-yom-bus_all

スポンサーサイト

TAG : 携帯電話通話料 割高

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。