スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3児死亡事故から1年、福岡市職員また飲酒運転

23日午後9時20分ごろ、福岡市早良区昭代の市道交差点で、同区入部(いるべ)出張所市民係の糸川琢磨(たくま)職員(42)(福岡市早良区原)の原付きバイクが、同市早良区の会社員男性(55)の乗用車右側面に衝突した。

福岡市にある海の中道大橋で起きた3児死亡事故が25日で1年になるというこの時期に福岡市の職員が飲酒運転はかなりまずいことだ。飲酒運転で身近に大事故があってもまだ飲酒運転をやめられないのだから飲酒運転を止めさすのはそうとう難しい。

110番通報で駆けつけた福岡県警早良署員が現場で飲酒検知をしたところ、糸川職員から酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル中0・15ミリ・グラム)を大幅に上回る0・5ミリ・グラムのアルコール分が検出された。

だいたいお酒に酔っている人に交通ルールを守りましょうと言ってもむりなんだろうな、正常な判断ができなくなるからお酒を飲んで運転してはいけないわけで、周りの人が止めるか機械的にアルコール検知器などを組み込んでエンジンをかからなくするとかしないとだめみたい。

 福岡市や早良署によると、現場は信号機のない交差点で、糸川職員は一時停止を無視して交差点内に進入し衝突。糸川職員は足に全治1か月の重傷を負い、市内の病院に入院、会社員にけがはなかった。

相手が車で糸川職員が原付バイクだったから車側にけががなかったのは幸いだったが、歩行者や自転車だったらと思うとゾッとします。飲酒運転でなくても事故は起こってしまうのに酒気帯び運転の基準値を大きく上回るアルコールを摂取して運転するのは人を傷つけてしまう可能性が高くなることを肝に銘じて酔ってからではそのことが飛んでしまうだろうから飲み会には車やバイクなどに最初から乗っていかないことが重要かも。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000003-yom-soci

スポンサーサイト

TAG : 福岡市職員 飲酒運転 3児死亡事故

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。