スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀、追加利上げ見送り決定

日本銀行は23日、前日に引き続いて金融政策決定会合を開き、賛成8、反対1の賛成多数で、政策金利の現状維持を決めた。

水野温氏審議委員が前回7月に続いて反対票を投じた。短期金利の誘導目標である無担保コール翌日物金利を年0・5%のまま据え置く。

ほっとしている人と少しでも貯金の利息が欲しい人にはガッカリするニュースだろうな。

米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」の焦げ付き問題が実体経済に与える影響について、さらに慎重に見極める必要があると判断し、追加利上げを見送った模様だ。

金融政策を決める9人の政策委員(総裁と副総裁2人、審議委員6人)は、国内の景気は緩やかな拡大を続けているとの認識でおおむね一致した。

しかし、サブプライムローン問題をきっかけに世界的に株式・金融市場は不安定な状態が続いている。欧米の中央銀行による大量の資金供給が奏功し、株価は回復しつつあるものの、市場が安定を取り戻すにはまだ時間がかかる可能性があると判断したとみられる。

米国に限らずお金儲けできそうなところに群がっているときに、国として危険度チェックというようなことはできないのかなといつも思う。日本のバブルのときも無茶な融資をしまくっていたみたいだけど、今回のアメリカの低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」よく分からんが同じような感じもするのだけどね、こういう経済活動に国は問題がでるまでは口を出してはいけないのかな?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000005-yom-bus_all

スポンサーサイト

TAG : 日銀 追加利上げ 見送り

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。