スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEC、ノートPC新ラインナップ「LaVie L スタンダードタイプ」

日本電気(NEC)は21日、同社製ノートPC「LaVie」シリーズの新ラインアップとして、スタンダードな個人向けノートPC「LaVie L スタンダードタイプ」を発表した。カラーバリエーションはパウダーホワイト/ベリーブルー/リーフグリーン/シュガーピンク/ガーネットレッドの5色に加え、同社直販サイト限定カラーとしてグロスブラックを用意する。いずれも価格はオープン。現在、同社直販サイトにて注文を受け付けている。

PCはノートPCに限らず色よりも性能と思っているので6色もバリエーションがあっても興味がないがこれだけの色をそろえるからにはノートPCの色への需要はかなり高いんだろうな。

同製品は、解像度1,280×800ピクセル対応の15.4型ワイド液晶ディスプレイを搭載するA4サイズのノートPC。ワンセグチューナーの有無やCPUなどが異なる3モデルが用意され、Sempron 3400+(1.80GHz)を搭載する下位モデル「LL550/KG」のみ天板と筐体内側のカラーを選択可能。上位モデルはLL550/KGと同じくCPUにSempron 3400+(1.80GHz)を採用した「LL590/KG」と、Turion 64 X2 TL-52(1.60GHz)を搭載する「LL570KG」で、ともに筐体カラーはパウダーホワイト。LL590/KGのみワンセグチューナーを内蔵する。

それにしてもノートPCの液晶ってどこまで大きくできるのかな、ちょっと前までは14.1型が当然と思っていたのに15.4型ってすごい、16型ぐらいまでいってしまうのか?ノートPCでテレビを良く見るならワンセグチューナー内蔵はいいかもね、USBに挿すやつはでっぱるし、PCカードに挿すのはでっぱりはUSBより小さくなるけどPCカードスロットが塞がってしまうからな。

 3モデル共通の仕様として、OSはWindows Vista Home Premiumを搭載し、チップセットはビデオ機能内蔵のAMD M690V、メモリは1GB(最大4GB)、HDDは120GB。そのほか、ギガビットEthernetやIEEE 802.11a/b/g対応無線LAN、2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブなどを装備する。ニッケル水素バッテリを搭載し、約1.8時間の駆動が可能。インターフェースはUSB2.0×4、ミニD-sub15ピン×1、ExpressCard/54スロット×1、Type2 PCカードスロット×1、SDHC/SDメモリーカード/メモリースティック(PRO)/xD-ピクチャーカード対応スロットなど。本体サイズは幅360×高さ38×奥行き267.5mmで、バッテリを含む重さは3.2kg。

ノートPCでもWindows Vista Home Premiumがきっちり動く性能になってきてるので、エアロが動くか動かないを気にすることもなくなっている感じだな。

 同社直販サイトでの販売価格は、上位モデルLL590/KGおよびLL570/KGが174,930円。下位モデルLL550/KGは159,810円で、ガーネットレッドは165,060円。LL590/KGのみ9月上旬に受注を開始する。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000004-rbb-sci

スポンサーサイト

TAG : NEC 6色カラーバリエーション ノートPC LaVie L スタンダードタイプ

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。