スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍、モンゴル帰国を日本相撲協会が協議へ

日本相撲協会から2場所出場停止処分を受け、謹慎中の横綱・朝青龍(26)=高砂部屋=について、同協会はモンゴルに帰国させて療養させる方向で協議することが20日、明らかになった。

2場所も出場できないんだから、それでもいいんだろうけど一番の元ねたの腰と肘の治療もモンゴルでするのかな?日本のプロスポーツの人もいい医者探してアメリカか日本で手術することが多い気がするがモンゴルにスポーツに精通したお医者さんはいるのだろうか。

ただ、帰国承認には理事会の承認が必要となる。北の湖理事長は「(夏巡業の休場届を出した)左ひじや腰よりも、どうして精神面の治療が先なのか、はっきりさせないと理事会にはかけられない」と話し、帰国には消極的な姿勢を示している。しかし、20日に打ち上げる夏巡業がおおむね成功に終わり、朝青龍に対して厳しい態度を示していた巡業部が軟化を示している。

最近の朝青龍のニュースは急性ストレス障害のことでモンゴルに帰って療養するかどうかばかりだけど、自分としても北の湖理事長がいうようなことが気に掛かる。肉体か精神どっちが優先というより両方とも大事だから家族を日本に呼び寄せて肉体のほうも治療していく方がいいように思うが・・・

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000044-mai-spo

スポンサーサイト

TAG : 日本相撲協会 朝青龍 モンゴル

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。