スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

401k改正に向けて企業調査

フィデリティ投信(東京)は15日、本格的な制度改正に向けて準備が進められている確定拠出年金(日本版401k)に関し、企業を対象としたアンケートの結果を発表した。それによると、企業だけに限られている掛け金の拠出を、加入者本人もできるようにする制度の新設について、65%が望ましいと答えた。

401kは良くわからないけど、加入者自身でも掛け金を拠出したいということはもしかして401kって資産を増やしやすいものなのか?

本人拠出を望む理由を複数回答で尋ねたところ、「加入者が自覚を持って運用するきっかけになる」(76%)、「老後の生活に十分な年金資産の確保が可能になる」(74%)が多かった。確定拠出年金法は施行後6年目を迎えており、厚生労働省は早ければ来年の通常国会に改正法案を提出する見通しだ。

2001年10月に401k導入するときにニュースでアメリカでの401kの現状を取材していたのを見た記憶があるが、増やしている人と目減りしてしまった人がいてアメリカ的だなと感じた。

企業は401kを導入する前に従業員に投資の教育をしないといけないようだけど、それは自己責任でよろしくってことだから、そうとう勉強しないで日本版401kに手を出すのはヤバそうだな。

(引用:フジサンケイ ビジネスアイ

スポンサーサイト

TAG : 401k改正 確定拠出年金 日本版401k

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。