スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュ第24話?25話の感想

主人公が一般的に言うところの正義ではなく悪になっているのが面白かったが、デス・ノートをこのスペシャルが始まる間に見てしまったので若干面白味に自分的には欠けてしまった。

デス・ノートでは誰かのためにというところがなく家族や身近な人でも簡単殺して殺人による苦悩の描写なんか初めてデス・ノートに名前を書いてその人が死んだときにちょっとあったぐらいだったが、コードギアスの主人公ルルーシュは妹のナナリーや友達には周りから変に思われても必死に守ろうとするし、ユフィーを仕方なく殺すことになって銃で撃ったときには悲しんでいるように見えた。圧倒的は悪の主人公を楽しみたいのならデス・ノートがいいだろうな。

ルルーシュの母親にはどんな秘密が隠されているのだろうか?このことってこの話の重要なところって感じがするほど隠しまくってますよね。親父か金髪の兄が怪しく思えるけど。

こういう戦闘があるアニメではお決まりに近い恋人や家族が死んで暴発して殺人マシーンになってしまった人が2人出ちゃいました。まずはスザクは完全に顔がいっちゃってますガンダムSEED DESTINYのシン・アスカです。そしてもう1人はレズっ子ニーナです、ユフィーの写真を見てナニをしてしまうほど大好きだったユフィーを殺したゼロ(ルルーシュ)を殺すためとんでもない強力な爆弾作っちゃいました。

続編が決まっているというかもう制作に取り掛かっているので、また数ヶ月経つと続きが見れるわけだけど、デス・ノートの呪縛から開放されてまたコードギアス反逆のルルーシュを楽しめるように頭の中を変換しとかないと。

コードギアス反逆のルルーシュ関連商品

DEATH NOTE デスノート関連商品

スポンサーサイト

TAG : アニメ コードギアス反逆のルルーシュ

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。