スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士フィルム、横顔も検出できる1200万画素コンパクトデジカメなど3機種

富士フイルムは7月26日、独自の顔検出機能「顔キレイナビ」を強化した「FinePix F50fd」など、コンパクトデジタルカメラ3機種を8月下旬から順次発売すると発表した。

今までの「顔キレイナビ」はお客からの改善を求める声が多かったのか?とにかく「顔キレイナビ」等が強化された新型「FinePix F50fd」、「FinePix Z100fd」、「FinePix S8000fd」の3機種を投入

有効1200万画素のCCDを搭載し、横顔や寝顔の検出もできる「FinePix F50fd」、光学5倍ズームと手ブレ補正機能を搭載したモデルでは世界最小サイズの「FinePix Z100fd」の2機種を8月下旬に、光学18倍の高倍率ズームレンズを搭載した「FinePix S8000fd」を9月上旬に発売する。価格はすべてオープン。実勢価格は「F50fd」が4万5000円前後、「Z100fd」が4万円前後、「S8000fd」は5万円前後の見込み。

1200万画素ってもうわけ分からんね、ちょっと前までは一般に使われているモニタで見る分には300万画素あれば十分と聞いたが、最近はモニタも大型化してきているからフル画面でみるには300万画素ではきついのかな?
 手ブレ補正機能もあと数年すればほとんどのデジタルカメラに搭載されそうな勢いを感じるけどどうなるか楽しみだ。

(引用:CNETJapan
スポンサーサイト

TAG : 富士フィルム 顔キレイナビ コンパクトデジカメ

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。