スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX選定、米F22禁輸続行で09年夏以降に先送り

防衛省は26日、来年夏に予定していた航空自衛隊F4戦闘機の後継機である次期主力戦闘機(FX)の選定を、2009年夏以降に先送りする方向で検討に入った。

今回の戦闘機は性能を落としたりして使うのかな、北朝鮮のことで今の戦闘機は航続距離が短すぎて向こうで戦闘行動ができないって聞いた、今日本にあるのはまさしく攻めてくるものの排除限定なんだと思い知らされた。そういう考えの下なら今回も新型の導入がされても当然燃料タンクは小型化されるのだろうな。

FXの最有力候補である米国の最新ステルス戦闘機「F22ラプター」に関し、米下院歳出委員会が輸出禁止条項を盛り込んだ08年度防衛予算を承認したことで、来年夏までのF22の選定が困難になったためだ。

今のアメリカは軍事技術で金儲けするよりも、軍事機密を守るほうが優先されているということなのかな。

中期防衛力整備計画(05?09年度)で、老朽化したF4戦闘機の後継機7機を調達することになっており、防衛省では来年夏までにFXの機種選定を行う予定だった。F22のほか、欧州4か国が共同開発した「ユーロファイター」や米英などが共同開発中のF35など計6機種が調査対象になっている。

アメリカとの関係を考えると米英の共同開発のものを選ぶのが妥当な気もするが開発中ということなので結局はすぐには導入できない。どうなる日本の制空権は?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000004-yom-pol
スポンサーサイト

TAG : FX F22

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。