スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ、GPS に対応携帯新機種「らくらくホンIV」

NTT ドコモグループ9社は、らくらくホンシリーズ初となる GPS 機能を搭載した「らくらくホンIV」(F883iES)を開発したことを発表した。発売は8月を予定。

らくらくホンシリーズもなんだか楽でなくなっているように思えるのだけど、機能追加し過ぎではないのかな?

「らくらくホンIV」は、同年4月に累計販売数1,000万台を突破したらくらくホンシリーズの最新モデルとして開発され、「しんせつ」「かんたん」「見やすい」「あんしん」「おまかせ」といった同シリーズのコンセプトを踏襲しつつ、薄さ17.6mm のスリムボディに新たに GPS 機能などを搭載。

自分の居場所を簡単にメール送信できる「かんたん位置メール」や、通話中に自分の居場所を検索し音声読み上げで相手に住所を伝える「かんたん位置情報読み上げ」機能も備える。

ルート案内機能でもわかりやすいメニュー表示を採用。また、音声入力に対応し、目的地を声で入力することができる。また、音声入力機能では出発駅、到着駅を声で入力し乗換え検索ができる「らくらく乗換案内」にも対応。

なお、この GPS 機能は月額料金無料で、通信料のみで利用できる。

実際に使っていないからよく分からないけど、メールができない人とか検索の意味が分からない人とか音声で入力はいいがそこにたどり着けるのか疑問。
なんだかシニア向けの携帯電話というよりも電車での旅行好きの人専用機種という感じがしてしまうのだが。

GPS搭載というから家族がこの携帯電話を持っている人の居場所を確認できるという機能なのかとおもっていたらこのらくらくホンを持っている人が自分で使い倒すようだな。機能を使えない人が大半になりそうに思えてならないがさてどうなるのかな?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000032-inet-inet

スポンサーサイト

TAG : ドコモ らくらくホンIV

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。