スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンネット銀行がフィッシング詐欺に乗り出す

RSAセキュリティ株式会社は7月9日、ジャパンネット銀行が、フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」を採用したことを発表した。

口座維持費が掛かるので自分はイーバンク銀行を主に使っているけどジャパンネット銀行はイーバンク銀行よりセキュリティにかなり力を入れている感じがする。「トークン形式のワンタイムパスワード」を導入していて今回はフィッシング詐欺対策ときたもんだ。

FraudActionは、RSA Anti-Fraud Command Center(AFCC:オンライン不正対策指令センター)が24時間365日体制で不正サイトの発見・監視を行い、フィッシングサイトを即時シャットダウンすることで、犯罪発生を予防し安全なオンライン・サービスの提供を支援するもの。国内、欧米の大手金融機関をはじめとする200社以上で採用されている。国内銀行では、みずほ銀行、三井住友銀行に続き3行目。

メガバンクの三菱東京UFJ銀行を差し置いてのフィッシング詐欺対策を導入するとはジャパンネット銀行侮り難しといったところか。それにしても世界で200社以上もこのサービスを取り入れているというのに日本ではジャパンネット銀行で3行目とは日本の危機管理に対する意識の低さをこんなところでも思い知らされてしまうな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000005-vgb-secu

スポンサーサイト

TAG : ジャパンネット銀行 フィッシング詐欺

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。