スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDIからデータ通信サービス定額料金価格競争スタート

KDDIが、個人向けデータ通信サービスに料金定額制を導入する方針だそうです。早ければ年内にも導入されるとのことで、全国展開している携帯電話事業者が料金定額制を導入するのは初。

NTTドコモも値下げ競争に本格的に参加しだしたし、いろいろ問題もあったが契約者数の純増
トップに躍り出たソフトバンクモバイルは値下げでは一歩リードしてる感じだし、auとしても音楽
機能だけではなくて料金面で目玉がほしいところでデータ通信の定額に打って出たってところか。

現在データ通信の定額制はウィルコムとイー・モバイルが提供しているものの、ウィルコムはPHS、イー・モバイルは東京、名古屋、大阪を中心とした都市部に限定されており、全国展開する携帯電話事業者では初とのこと。今まで定額制をしていなかった理由としては、通信網への負荷、通信料収入の減収につながるといった懸念があったからだそうです。

少し値段が高いだけならウィルコムやイー・モバイルから客を奪うことも可能かも、やっぱり
全国何処でも使えるほうが何かと便利だもんな。

料金はイー・モバイルの月額5980円よりは高めを想定し、状況を見ながら最終的な料金を決めるそうです。なお、NTTドコモも2008年までに定額プランを設ける方針らしいので、利用者にはお得な方向に向かっているようです。

しかし値段設定で一番きになるのは、NTTドコモでもウィルコムやイー・モバイルでもなくて、ソフトバンクモバイルの「NTTドコモやauが料金プランを値下げしたときに、24時間以内にさらに値下げする」という公約だろうね。中途半端に儲けをだそうとしたらソフトバンクモバイルにそこを突かれた値段設定を展開されそう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 携帯電話 KDDI データ通信サービス定額料金

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。