スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minipc.jp、拡張ユニットを重ねて増設できる重箱タイプの小型デスクトップPC

ミニピーシードットジェイピーは29日、HDDの増設など機能拡張に対応するデスクトップPC「SA800」を発表した。CPU/メモリ/HDD/OSなどを内蔵しないベアボーンモデルで、同社直販サイトでの価格は52,000円。7月上旬発売。

発想はおもしろが、ミニピーシーの名のとうり小さいPCで攻めた方が良かったんじゃないかな
増設で本体がでかくなっては意味がないのでは。

同製品は、2.5インチHDDを内蔵可能な「ベースユニット」と、3.5インチHDDなどを搭載できる「拡張ユニット」から構成されるデスクトップPCで、拡張ユニットを重箱のように重ねて増設できるもの。拡張ユニットには3.5インチHDDのほか、ノートPC用のスリム光学ドライブを内蔵できるほか、32ビットのミニPCIスロットを備えており、LANポートや内蔵無線LAN、外部SATAポートなどの増設に対応する。2.5インチHDDを内蔵したベースユニットのみでシンプルに使用したり、拡張ユニットを2台重ねて3.5インチHDDと光学式ドライブの両方を搭載するなど、用途に合った使い方ができるように配慮した仕様となっている。なお、3.5インチHDDの増設は、電源容量の制限により1台までを可能とする。

なんかこの「SA800」って増設するのにお金がかかりそうだな、通常のデスクトップPCなら
HDDも同じ容量なら2.5インチより3.5インチのほうが安いし、内蔵型光学ドライブにしても
スリムより5インチベイの内蔵型のほうが値段も性能も上だしね。

なんだかノートPCでいいんじゃないのと思えてしまう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : minipc.jp 重箱タイプ 小型デスクトップPC

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。