スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の主題歌は宇多田ヒカルの新曲「Beautiful World」に

今夏の目玉アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(庵野秀明監督、9月1日公開)のテーマソングに、歌手、宇多田ヒカル(24)の新曲「Beautiful World」が起用されることが、29日分かった。同日未明、同作の公式サイトと宇多田の公式サイトで同時に発表された。

今やアニメソングを有名アーティストが歌うのは当たり前になってきてるな。

同作は、大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ(テレビ東京系、1995年10月?96年3月)をリメークする“新約”4部作の第1作。TV版のオープニングソング「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)は当時ミリオンセラーとなるなど、エヴァは「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」以来の社会現象アニメとなった。

つい最近機動戦士Zガンダムの劇場版3部作があったばかりだが、ヱヴァンゲリヲン新劇場版
は違った結末が予定されているみたいなので、Zガンダムとはちと違うかんじだな。

 また、8月29日に発売される「Beautiful?」のシングルCDには、テレビ版のエンディングソングとして人気が高い「Fly me to the moon」(CLAIRE)をリミックスした“宇多田版”も収録される。

ただでさえ歌い手が宇多田ヒカルに変わっているのでイメージが違うなどの批判がでことは高確率でありえるのに、リミックスしてしまうとまったく違ったものになってしまって非難の嵐では?それを狙ってるのかな?

 劇場版を観る前に新世紀エヴァンゲリオンをおさらい

 機動戦士Zガンダムの劇場版3部作もチェック

(引用:iza:イザ!

スポンサーサイト

TAG : ヱヴァンゲリヲン新劇場版 宇多田ヒカル

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。