スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ビクターとケンウッドが生き残りをかけて経営統合

日本ビクターとケンウッドが経営統合することで合意する見通しとなった。複数の関係筋が23日、ロイターに語った。2008年にも両社は共同持ち株会社を設立し、ビクターの親会社である松下電器産業は同持ち株会社にビクター株を売却する。松下は懸案だったビクターの経営再建をケンウッドにゆだねる一方、ビクターとケンウッドは統合による体質強化を通じて、成熟化と競争激化が進む音響・映像(AV)機器市場での生き残りを目指す。

ビクターって松下電器産業のお荷物だったのね。松下電機はプラズマテレビなど好調なイメージ
だが大きな会社だから不調な部分もあるんだね。
懸案事項が解消されて松下電器産業株は上昇するのでしょうか。

中堅の家電メーカーは経営が苦しんだな。以前パイオニアもすぐに値下がりしてしまう最近の
家電製品のために苦しんでいるみたいなニュースを見た覚えがあるし大変そうだ。
FUNAIやSANYOなんかも今の経営状態はどんうなんだろうな、ふと思ってしまった。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

TAG : 日本ビクター ケンウッド 経営統合

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。