スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守られすぎ、こんな大問題をこしても法律に罰則なし

「消えた年金」問題で、国民の怒りが津波のごとく押し寄せている社会保険庁。次々とデタラメぶりが暴露されているが、何と、同庁職員は今年夏のボーナス(賞与)を満額受け取る方向であることが21日、夕刊フジの取材で分かった。その額、平均34.6歳で約62万円といい、単純計算で総額約105億円。民間企業では考えられない非常識で恥知らずな対応。この組織はどこまで国民をバカにするのか。

はいバカにしてます。この状況で受け取りを拒否する人はいないでしょう(いたら御免なさい)。
自分たちがミスしたことで生まれた仕事でお金もらってるのにさらにボーナスまで受け取ることは
普通じゃ考えられないが普通じゃないんだよな。

「責任の所在が明らかになっていないので、期末・勤勉手当(=民間でいうボーナス)については、返納するかどうかも含めて方向性は決まっていない」
社保庁職員課の担当者は夕刊フジの取材にこう答えた。

同庁職員がボーナスを受け取るのは、毎年6月と12月のそれぞれ月末。今後、政府の第3者機関によって社保庁の問題に対する調査が行われる予定だが、結果が出るのは先になるため、冒頭の職員の返答は事実上、「今回は満額受け取る」という宣言にも等しい。

もう解体されてしまうからああだこうだ言って時間稼げばもらったもん勝ちって感じだな。

ちなみに、社保庁職員の給与は国家公務員と同じ計算で算出され、原資はもちろん税金だ。
総務省の人事・恩給局が昨年発表した資料によると、管理職を除く一般職国家公務員の賞与支給額は給与月額の2.11月分で、平均34.6歳で約62万2000円。長官は事務次官クラス(約311万円)と局長クラス(236万円)のほぼ中間といい、275万円ほどを受け取る計算になる。今年も昨年と大差ない見通し。

昨年と大差ないボーナスをもらっているって昨年もその前の年もずっと適当な仕事をして
いたのに何のペナルティーも受けずに給料、賞与をもらっていたことに怒りを覚える。


同局は「19日現在、(社保庁の)どこからも期末・勤勉手当の一部なりを返上する、という話は聞いていない。こちら側から『支給しない』と言い出す法律もない」としており、社保庁職員が“平気の平左”でボーナス満額を受け取るのは間違いないようだ。

そらきた、法律にない、法律触れていない、すぐにそうして誤魔化すだろ。だいたいこんな大きな
ミスしても給料、賞与にすら減らされないのなら仕事なんてしなくていいと考えるものが出てきて
もしかたがないだろう。法律で罰則つくれよ。

あまりに非常識な対応に作家の麻生千晶氏は「45分働いて15分休むような人たちは、全員返納してグリーンピアの損失や消えた年金の穴埋めをすべき。ボーナスをもらって当然なんて、あまりにも当事者意識がない。度しがたい鈍さだ」と怒り心頭に話す。

穴埋めなんか税金でしてくれれば良いじゃないって感じじゃないの。

労働基準法では「賞与とは定期または臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるもの。その支給額があらかじめ確定していないもの」と定義されている。
社保庁職員は、自らの「勤務成績」について、胸に手を当てて考えてはどうか。恥を知るべきだ。

まあそんなことよりどれだけお金を巻き上げられるかしか考えてないので、恥を知る暇もない
んだろう。

(引用:iza:イザ!

スポンサーサイト

TAG : 社会保険庁 ボーナス 賞与 満額支給

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。