スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft、2月の月例更新は大規模なものに

Microsoft (NASDAQ:MSFT) は8日、2月の月例更新について先行情報を発表した。月例更新は13日に実施し、『Windows』および主要アプリケーションを対象に合計12件のセキュリティ情報を公開する予定だ。

先日、同社会長の Bill Gates 氏は『RSA Conference 2007』の基調講演に立ち、コンピュータのセキュリティ強化について、その必要性を語っていた。

公開予定のセキュリティ情報の内訳だが、まず Windows を対象としたものが5件ある。この内少なくとも1件は、深刻度が最大の「緊急」になるという。ただし、今回の更新が『Windows XP』だけを対象とするものなのか、新発売の『Windows Vista』も対象になるのか明らかにしていない。


次に、『Microsoft Office』を対象としたセキュリティ情報も2件公開の予定だ。こちらも、少なくとも1件の深刻度が最大の「緊急」になるという。Office 関連の脆弱性は、ここ数週間で次々と明らかになっているが、そのうちの一部は未対応のままだ。また、Windows と Office の両方に関係するセキュリティ情報も、1件公開を予定している。

そのほか、深刻度が1段下がって「重要」になるセキュリティ情報が2件ある。1件は『Visual Studio』に関するもので、もう1件は『Step-by-Step Interactive Training』に関するものだ。

続いて、『Microsoft Data Access Components』(MDAC) を対象としたセキュリティ情報を1件公開予定で、深刻度は「緊急」になるという。さらに、『Windows Live OneCare』『Microsoft Antigen』『Windows Defender』『Microsoft Forefront Security for Exchange Server』『Forefront Security for SharePoint』に影響するセキュリティ情報も1件公開を予定しており、こちらの深刻度も「緊急」になるという。

・こんな状態のものをあんな高値で売るとは、独占市場は怖い。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

TAG : Windows セキュリティ セキュリティ情報

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。