スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ系夏休み特別企画のアニメ「ミヨリの森」

女優の蒼井優(21)と市原悦子(71)が8月25日放送のフジテレビ系夏休み特別企画のアニメ「ミヨリの森」(後9・0)で初共演する。それぞれ、11歳の少女と祖母の声を演じる。制作費は1本のテレビアニメ番組としては破格の2億1000万円。この夏、感動アニメ巨編がお茶の間を席巻する。

テレビアニメといってもほぼ映画みたいなようにおもえるので制作費が破格といってもあまり
驚きもないな。

蒼井が演じるのは、両親に見捨てられ心を閉ざす少女、真縞ミヨリ。田舎の祖父母に預けられ、森の精霊たちと出会い心が癒されていく。少女のようなあどけない表情が魅力の蒼井にぴったりだが、フジの金田耕司プロデューサーは「複雑な家庭環境を背負った女の子を声だけで演じられる人」とその実力に信頼を寄せる。

 原作は秋田書店の月刊少女漫画雑誌「ミステリーボニータ」に平成15年4月から8カ月連載された同名漫画。ナイーブなミヨリが、森がダムの底に沈むことを知り、森を守ろうとするたくましい少女に変化していくさまをどう表現するかも楽しみだ。

今かなり深刻になっている環境問題がテーマの作品みたいだな。

今回、1話(2時間10分)に2億円超という異例の制作費をかけることについて金田氏は「ミヨリの森の美しさ、素晴らしさと精霊の魅力を表現するため、思い切って投入した」と説明。環境破壊という今日的テーマへの問題提起にもなりそうだ。関係者によると、通常のテレビアニメの制作費は30分1300万円程度という。

どんどん作品が投入されて作画崩壊がよく見られる最近のテレビアニメみたいになったら
1話長編アニメだときついもんな、ある程度お金をかけても品質を確保しないとな。

07年4月から始まったアニメで神曲奏界ポリフォニカはどんどん作画が崩れていって見るに
堪えなくなった。また自分のところでは見れないがキスダムというのもけっこうヤバイときく。


(引用:iza:イザ!

スポンサーサイト

TAG : フジテレビ系 夏休み特別企画 アニメ ミヨリの森

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。