スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融がカネを貸し渋りでパチンコ業界に影響

「庶民の娯楽の殿堂」パチンコだが、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、2007年に入っても客離れが止まらないようだ。その理由の一つが「消費者金融がカネを貸さなくなったため」なのだそうだ。風が吹けば桶屋が儲かる、みたいな理屈だが、あながちウソでもないようだ。

そういえばパチンコ業界が絶好調のときにパチンコ依存症の人たちの実態をニュースで特集して
いたが、そのときも生活費を使い込んでその穴埋めに消費者金融でお金を借りていたな。

企業信用調査会社・東京経済の「東経ニュース」(07年5月24日付け)は、07年に入りパチンコ店運営会社の倒産が相次いでいる原因の一つをこう説明している。

「パチンコ業界では消費者金融の法改正を受け、パチンコファンがパチンコにつぎ込む資金が減少した」

近所にあるパチンコ店をみると何軒か潰れてはいるがその後にまた別のパチンコ店ができて
全体的にみるとパチンコ店の数は少し増えているので、倒産が相次いでいるとはちょっと信じ難いな。

消費者金融業界では、06年に多発した無理な取立て、上限を超える金利での貸し付けなどの不祥事が相次いだ。さらに、貸出上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法成立を受け、貸し倒れリスクの高い人への融資を一段と絞った。

こういうのを聞くと法改正前は返してもらえないところにもお金を貸しても返済させる取立てが
できていたということか。でも法改正後は借りるのは難しくなった代わりに怖いことになる可能性
は減ったということかな。


「武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手四社の成約率は三月時点で平均44%と、申込者の半分以上が審査でふるい落とされた」(日本経済新聞07年5月18日付け)

5割以上の人がお金を借りようとして借りれなかったということか、パチンコ業界も打撃かも
しれないが、消費者金融業界も貸し出し金利も減らされてダブルで大打撃だな。

(引用:J-CASTニュース

スポンサーサイト

TAG : 消費者金融 パチンコ店 大手四社

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。