スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロードバンド契約件数、光接続がますます伸びてADSLは徐々に減ってきてる

総務省は6月7日、2007年3月末における、ブロードバンド接続の契約者数を発表した。

同省のまとめによると、2007年3月末における、インターネット接続サービスの契約件数は、3078万件。そのうち、ブロードバンドサービス契約数は、前期(2006年12月末)より、68万件増加し、2644万件で、全体の86%に達した。

インターネットをナローバンドでやっている人が15%もいることに驚きを感じる。前にADSLの
別のADSLに変更したときダイアルアップを繋ぎに使ったが1週間で5,000円ぐらい使って
しまった。メール受信といつも見ているサイトをチェックしてすぐ回線接続を切っていたがメール
受信だけでもかなり時間がかかったのでどうしても料金を抑えることができなかった。

また、光接続サービスは、前年同期比61%増の880万件。ブロードバンド接続全体における、光接続加入者の割合は、前期の31%から33%に微増した。

一方、DSLは前年同期比3%減の1401万契約。ブロードバンド接続全体の53%を占め、依然過半数を占めたものの、前期の55%から2ポイント下げる結果となり、DSLから光接続への乗り換えぶんがこれに相当すると予想される。

こうなってくると収容局に近い人はADSLを使っている人またはこれからADSLにする人は
ますます速度アップされてくるのでは、それがベストエフォートなるものなんだから使う人が
減ってくるとネットに接続する人も減るわけで。
収容局の近くに家がある人はADSLでは遠い人よりお得で、遠い人が光回線に移行していくと
ますます速度アップしていって得なことばかりに思えるな。もしかしたら光にした人より速度が
でてしまう人もいるかもね。

(引用:CNET Japan

スポンサーサイト

TAG : ブロードバンド契約件数 光接続 ADSL

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。