スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ業界が存亡の危機?

パチンコ業界って縮小していたんだ。という自分もここ5年くらいはパチンコ店にいかなくなったな
500万人の内の1人ってことだな。


パチンコ業界が大ピンチを迎えている。今月から、射幸性の高い機種の大量入れ替えが始まり、客離れが加速すると考えられているのだ。
「旧基準の4号機と呼ばれるパチスロは、法改正で、今月末までに入れ替えなければならない。新基準の5号機は射幸性を抑える分、出玉が悪い。この10年で500万人は減ったパチンコ・ユーザーが、さらに減るのは確実で、ホール経営は完全に曲がり角です」(業界関係者)


全体の客が減りはじめ法改正で射幸性が失われるとまた客が遠のく、そこに来て新台の寿命
が縮まれば入れ替え費用がかさんで経営が苦しくなる、三重苦だな。

パチンコ店を悩ませているのは法改正だけではない。新台の“寿命”が短くなったことも、経営の首を絞めている。
「客を呼ぶには新台を入れるしかないが、その寿命は平均1カ月半。ホールが月1ペースで入れ替えるパチンコ台は1台平均45万円。30台を入れ替えれば1350万円です。年間400台を入れ替える大きなホールになると、それだけで1億8000万円だからベラボーです」(ホール関係者)


自分がパチンコしていたときに閉店前の確変で一箱サービスなんてあったのかな?自分は
その経験はないのでわからないが地域で違うということもあるのかな。

警察の指導も追い打ちを掛けている。それまでは閉店前の「確変」なら1箱を保証していたが、「実際に玉が出ていないのに1箱を認めるのはおかしい」と警察がクレーム。そのため、閉店30分前には店から客がいなくなるようになった。


合併も影響はあっただろうけど絶好調の時代と比べると現在は客自体も減ってきているは
経費も掛かるとなると融資を渋られるようになるのはパチンコ業界だけのことではないように
思える。

「金融再編も打撃です。パチンコ店への融資に積極的だったUFJが三菱と合併し、融通が利かなくなった。今年4月には業界6位のダイエー(18年3月期売上高2221億円)が、13億円の支払いをできず倒産。100億円の融資話がつぶれて窮地に追い込まれているとウワサされる大手もある」(業界事情通)

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000013-gen-ent

スポンサーサイト

TAG : パチンコ 法改正 5号

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。