スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井川がんばれ!!

トラのエースが米国で中継ぎ? ヤンキースと入団交渉中の阪神井川慶投手(27)の先発ローテーション入りが、一転ピンチに陥った。貴重な左腕として先発の一角を占めるのは既定路線と思われていたが、ヤ軍は8日(日本時間9日)、同じ左腕で通算186勝のアンディ・ペティット(34=アストロズからFA)を獲得した。これで先発5枠のうち4枠が埋まってしまい、残る1つのイスを3?4投手で争う大激戦に突入した。
 井川が戦う前から、がけっぷちに立たされた。かつてヤ軍の左腕エースと呼ばれたペティットが、4年ぶりに古巣復帰を果たすことが決まった。契約も期間は1年ながら年俸1600万ドル(約18億4000万円)と投手陣の最高額。空席のはずだったローテ枠が、突然埋まってしまった。
 「交渉は急展開した。2年目のオプションが分かれ目だった」。契約を争ったアストロズのパープラGMは話した。ヤ軍は2年目の契約選択権を選手側に与え、実質2年間3200万ドルという好条件を提示。勝負が決まった。ペティットはヤ軍在籍の9年間で、2度の21勝を含む15勝以上6度をマーク。しかもポストシーズン通算14勝と、4度のワールドシリーズ制覇に大きく貢献。どうしても欲しい投手だった。
 これで今季19勝の王建民、15勝のムシーナに加え、ジョンソン、ペティットの左腕2人が先発に確定した。ジョンソンは10月に椎間板(ついかんばん)ヘルニアの手術を受けたが、それでも通算280勝の実績は井川の前に大きく立ちはだかる。
 5番目の枠を争うのは、パバーノ、ヒューズ、カーステンズの3人か。05年から4年総額45億円の契約を結んでいるパバーノは、度重なる故障で05年6月を最後に登板していないが、キャッシュマンGMは「投資している選手。体調が良ければ当然計算に入れる」と話している。20歳のヒューズは今季マイナーで12勝6敗の好成績を残した。カーステンズは今季メジャー初勝利を挙げた期待の星。さらに首脳陣は先月、中継ぎのプロクターの先発昇格もほのめかしていた。
 キャッシュマンGMは井川落札判明から一夜明けた11月29日、「当然、先発としてポスティングで獲得した」と期待し、今月4日も「先発陣の4、5人目に入る」と話していた。しかし、つい2週間前には先発の駒不足に悩んでいたチームは、短期間で陣容をそろえてきた。フロントの手腕ともいえるが、井川にとっては厳しい現実である。シビアな生存競争を勝ち抜けるか。すべては日本屈指の左腕にかかっている。

数年前と比較すると力が落ちたといわれているが、環境が変わるとまた活躍するというパターン
もあるので頑張ってくれることを願う

(引用:ライブドアスポーツ

スポンサーサイト

TAG : 井川 大リーグ プロ野球 ヤンキース

ホームページ売上アップドットコム

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。